新築一戸建て・注文住宅なら国松工務店。親切丁寧な仕事が評判です。名古屋の一戸建て・注文住宅なら当社にご相談ください。
耐震診断・補強
代表取締役社長 伊藤孝修 大切な家族を守り、家族が豊かに快適に生活する為にも家を長持ちさせる事は重要なことです。家と長くおつき合いするためには、定期的な家の診断とメンテナンスが重要だと国松工務店は考えます。
この中部地方は地震の危険性が高い地域といわれていますので、耐震補強をして安心感を手にすることも大切な事だと思われrます。
耐震補強は一般的には壁を強くして崩壊しないようにする事が目的です。地震の際に住宅が傾く事はあっても潰れる事が無い様に各部に補強を行います。
手軽な目視耐震診断
建物の間取りを図面に表して計算するので、壁や天井を壊すことなく目視によって耐震診断をする診断方法です。
床下・屋内・天井裏・外観等をチェックすることで、「地盤・基礎・壁のバランス(建物の形・壁の配置)・壁の量(筋交い・壁の割合)・老朽度」を調べます。その結果から、家のどの部分が弱く、どのように補強すれば良いのかがはっきりします。
この機会に一度耐震診断を受けられることをお勧めいたします。
代表取締役社長 伊藤孝修 あなたのお住まいの地震対策は大丈夫ですか?

例えば建物の構造自体が地震に弱かったり、基礎にひび割れなどがあったり、一体化していない等の状態だと地震の大きなゆれで最悪倒壊する恐れがあります。
日本で今後30年間に起こると言われている巨大地震は4〜8回とも言われており、M6.5以上の巨大地震は日本全域のどこででも起こる可能性があります。

耐震補強は一般的には壁を強くして崩壊しないようにする事が目的です。地震の際に住宅が傾く事はあっても潰れる事が無い様に各部に補強を行います。
施工例 建物の耐震診断士による耐震診断をし、適切な耐震補強工事を施工します。

新旧部分補強

補強金物1

補強金物2

補強金物3

土塀補強工事

ホールダウン金物
補強方法
補強工法にあたっては主に3つの工法に分類する事ができます。

・建物の持つ耐力を上げる工法 (耐震補強工法)
・建物を粘り強くさせる工法(制震補強工法)
・建物が地震の際にその揺れを最小限に制御する工法(免震補強工法)
これらの工法を組み合わせることで、万全の耐震補強を行います。
ピット補強改修前 ピット壁側(耐震補強) ピット改修後(耐薬品)

各工法における比較表

曳家(ひきや)・揚方(あげかた)工事
・地盤沈下による建物ジャッキUP補強
・道路拡張による建物の移動・移設
・基礎の補強・新設

※条件によりますが、住みながらでも可能な工事です。

くにまつホーム
株式会社 国松工務店

〒454-0825
名古屋市中川区好本町2-19
TEL 052-361-6771
FAX 052-361-6837
R+house名古屋西店

リフォーム を 名古屋市 ・ 愛知県内 で承っております。

対応エリア
(名古屋市内)
千種区、中村区、熱田区、守山区、東区、中区、緑区、北区、昭和区、港区、名東区、西区、瑞穂区、南区、天白区

(愛知県下)
愛西市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市、刈谷市、蒲郡市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊川市、豊田市、豊橋市、名古屋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市
(岐阜県下)(三重県下)



一般建設業・一級建築士事務所・株式会社国松工務店/
エクステリア・リフォーム・新築・耐震補強・土木工事・リフォームを名古屋でお考えなら、お任せ下さい。
Copyright(C) 2008 Kunimatsu construction ,Inc. All Rights Reserved.